HOME  建築設備士 建築設備士登録制度  

建築設備士登録制度

建築設備士登録制度とは

昭和60年11月に建築士法に基づく建設省告示が出され、建築設備士(建築設備に関する知識及び技能につき国土交通大臣が定める資格を有する者)制度がスタートし、試験や講習の難関を経てきた建築設備士が十分に活用される環境が順次整備されています。

※資格取得等の詳細については、(公財)建築技術教育普及センターのホームページをご覧ください。

登録について

この登録は、建築士法施行規則(昭和25年建設省令第38号)において登録機関として指定された、当協会が行うものです。
登録は、当協会本部に常置される建築設備士登録簿に、氏名、住所のほか、付与される登録番号等を登録することによって行われます。

  1. 登録者には「建築設備士登録証」が交付されます。
  2. 登録簿に登録されている建築設備士であることを証明する登録証明書を当協会が発行します。

登録状況

建築設備士の資格者数と登録者数(平成25年3月31日現在)

建築設備士
38,783 名
登録者
35,500 名
登録率(登録者/建築設備士)
91.5 %

都道府県別在住地登録者一覧

北海道 1,168 埼玉県 2,902 岐阜県 465 鳥取県 90 佐賀県 94
青森県 113 千葉県 2,824 静岡県 628 島根県 109 長崎県 94
岩手県 96 東京都 6,086 愛知県 2,383 岡山県 189 熊本県 180
宮城県 803 神奈川県 3,837 三重県 344 広島県 784 大分県 130
秋田県 129 新潟県 371 滋賀県 254 山口県 173 宮崎県 85
山形県 114 富山県 299 京都府 488 徳島県 88 鹿児島県 165
福島県 186 石川県 468 大阪府 3,204 香川県 213 沖縄県 199
茨城県 554 福井県 211 兵庫県 1,551 愛媛県 135 外国 1
栃木県 229 山梨県 98 奈良県 683 高知県 91    
群馬県 266 長野県 428 和歌山県 118 福岡県 1,380 全登録者数 35,500人

建築設備士の登録内容の閲覧について

 建築設備技術者協会では、建築設備士の登録内容の閲覧を受け付けております。閲覧は、建築設備士登録簿に記載された登録内容の一部について、下記の方法にて行うことができます。閲覧にかかる手数料は無料です。

1.閲覧場所
・ (一社)建築設備技術者協会 登録係
〒105-0004 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル
利用可能日時:平日(土・日・祝日及び年末年始、創立記念日を除く)10:00~17:00(但し12:00~13:00を除く)

2.閲覧できる項目
下記の項目を閲覧いただけます。(建築設備士登録事務運営規程細則第4条3項)

・(特定の建築設備士登録者の) 「登録番号」、「登録年月日」、「氏名」、「生年月日」、「住所」


3.閲覧方法
「建築設備士閲覧申請書」を窓口にご提出の上、閲覧を行って下さい。申請書は下記よりダウンロードしていただくか、もしくは窓口にもご用意しています。閲覧にかかる費用は無料です。なお、閲覧対象建築設備士の氏名、生年月日又は登録番号の情報がない場合、対象者が特定できず、閲覧できない場合があります。

  「建築設備士閲覧申請書」(PDF版)ダウンロード

4.その他
建築設備士登録簿に登録されているかどうかについてのみの照会の場合は、ファクシミリにて受付けております。ファクシミリによる受付後、氏名、登録番号等により対象者を特定した上で、当協会からファクシミリ等により回答します。この場合は、閲覧場所までお越しいただく必要はありません。



ページTOPへ

登録の手続き等

登録できる人の要件

登録の申請ができる方は、次のいずれにも該当していない方です。

  1. 未成年者
  2. 成年被後見人又は被保佐人
  3. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けなくなった日から起算して二年を経過しない者
  4. 建築物の建築に関し罪を犯して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けなくなった日から起算して二年を経過しない者
  5. 破産者で復権を得ない者
  6. 虚偽又は不正の事実に基づいて登録を受け、又はその業務に関し不誠実な行為を行ったことにより登録を抹消され、その抹消の日から二年を経過しない者

登録の手続き

  1. 登録の申請
    所定の申請書類(詳細は協会が配布する登録案内書に記載されています)を簡易書留で協会本部にお送りいただきます。
  2. 手数料と申請書類の審査
    建築設備士登録手数料 22,050円
    受け付けた申請書類について、当協会で登録の要件を満たしているかどうかを審査します。申請書類等が不備・不足等の場合には、申請受理は行わず、補正をお願いいたします。(なお、審査の結果、登録できないとされた方には登録申請書・添付書類及び登録審査料として10%を控除した19,845円を返還します。)
  3. 登録
    前記審査の結果、基準に該当していると判定された方は、当協会の「建築設備士登録簿」に登録されます。また、「建築設備士登録証」を交付します。

登録申請書取寄せ

ページTOPへ

登録証

登録を受けた方には、「建築設備士登録証」(カード型 [ 写真入 ] 、証書型 [ A4判 ] )が交付されます。

登録証記載の有効期限について

建築設備士制度については、建築士法施行規則に規定されておりますが、この施行規則が平成15年6月9日に改正され、建築設備士の資格要件として実施されてきた更新講習が廃止され、資格の有効期限は無期限となりました。

これに伴い、建築設備士の登録についても、 更新の必要がなくなり、従って有効期限の記載のある登録証はすべて無期限と読み 替えることとなります(有効期限が過ぎてもすべて有効となります)。

なお、ご希望の方には有償(カード型、証書型 各3,150円)にて有効期限の記載のない新しい様式の建築設備士登録証を再交付致します。

再交付申請書類は、こちらのフォームからご請求ください。

再交付申請書取寄せ

ページTOPへ

その他

以上の他、変更の届出、登録の抹消、登録証の再交付、登録証明書の発行などについて、それぞれ規定があります。
詳細につきましては、こちらのフォームからご請求ください。

資料取寄せ