HOME  協会のご案内 事業内容  

事業内容

建築設備技術者が互いに協力し、技術者としての資質や社会的地位を向上させ、質の高い建築設備を実現して、社会に役立つことを目的とし、次のような活動をしています。

建築設備士の地位向上と法的位置付けの推進

国土交通省の建築士法にかかる委員会等への参加と推進
建築設備六団体協議会の推進

建築行政機関等への協力及び提言

建築設備資格制度の調査及び提言
建築設備士等の活用の促進
建築設備士試験制度の運営協力
その他 行政機関等への協力(新制度への協力)

建築設備技術の調査・研究及び普及

技術基準の作成、整備
新技術の調査・研究
調査・研究の受託

情報の収集・提供

会誌「建築設備士」の刊行
建築設備情報年鑑並びに竣工設備情報の電子データの作成及び普及
新技術情報の収集、提供
協会の広報活動推進と拡大

建築設備技術書等の刊行

各種技術基準の刊行
受験参考書の刊行
その他の技術図書の刊行
技術図書の斡旋サービス

継続職能開発(CPD)制度の普及・促進

継続職能開発(CPD)制度の普及・促進
建築設備総合講習の実施
JABMEE SENIORの認定
建築設備士CPD協議会の推進
建築CPD(継続能力/職能開発)情報提供制度への参加

講習・研修会、見学会等の開催

建築設備技術者の技術水準向上に関する講習・研修会の開催
建築設備技術会議・建築都市環境ソフトウェア展の開催
その他 講演会・見学会の開催

支部活動

全国に8支部2支所を組織
支部主催の講演会・見学会の開催

建築設備士の登録事業の実施

建築設備士登録審査の実施
新規登録事務の実施
登録証の再交付の実施

建築設備技術の国際交流

海外の建築設備技術及び技術資格制度の調査
海外建築設備技術調査団の派遣及び関連機関との交流
APECエンジニアに関する調査研究及び対策

建築設備技術者への「倫理綱領」の周知徹底

環境負荷低減への具体的活動

その他、本会の目的を達成するために必要な事業の実施